2006年09月28日

ゴルフルール2(打順について)

ゴルフは、広いホールを18個も、1日かけて回るルールになっています。


土日など混んでいるときは、何組ものプレーヤーが順番にホールを使うので、時間に遅れないようにしたり、ボールを彼方に飛ばして他のプレーヤーを危険にさらさないなど、ルール以前のマナーには、十分気をつけましょう。


ゴルフのプレー順序のルールは、最初のホールでは話し合って打つ順番を決めます。

始めに打つ人をオナーと呼びます。


ゴルフのホールで最初に打つ球は、ティーショットと呼ばれ、とても集中が必要なので、他の人の邪魔をしないようにしましょう。


2ホール目以降は、前のホールで打数が少ない順に打つルールとなっています。

同じ打数の人がいる場合は、その人たちは前のホールの打順で打つことが一般的です。


ゴルフは午前中8ホール回ったところで昼頃となり、昼食を取ります。


午後のプレー順は、前のホールのスコア順でも、話し合って決めなおしてもいいので、メンバーで相談してみましょう。


初心者のうちはティーショットで空振りをしてしまうこともよく起こります。


ゴルフのルール上は、空振りも1打と数えられますが、初心者の場合は、素振りとして多めに見てもらえる特別ルールもあるようです。
posted by ゴルフ@ルール at 17:04| ゴルフルール