2006年09月25日

ゴルフルール ペナルティ(2罰打・2ペナの違反その1)

・球がプレイヤーやキャディー、携帯品(ゴルフバッグやカートもなど)に当たった場合。

コレは非常に危険です。また、木にボールが挟まっていて自然に落下したときうっかり触ってしまった場合などもコレに当てはまります。この場合、球の停止位置から再開します。


・キャデー、パートナー(2人ペアなどの場合)以外のアドバイス

クラブ選択、プレーの決断、ストロークに関するアドバイスを「求める」ことも「与える」ことも禁止されています。
該当したプレイヤーに2ペナで、ボールはそのままにプレーを再開します。


・不正な方法でボールを打つ

不正な方法とは、ゴルフ規則で決められている、「クラブヘッド以外で打つ」、「押し出すように打つ」、「かき出すように打つ」、「すくい上げる」、ことを指しています。グリーン上で10cmほどのパッティングでパターを内側に入れながら打つと、この違反に見られることがあるかもしれません。違反した場合、リプレース(置きなおし)して打ち直しとなります


・ラウンド中の練習

プレーを終えたばかりのホールのグリーン、練習パッティンググリーン、そのラウンドの次のホールのティーインググラウンド。この3つ以外の場所で練習ストロークをしてはいけません。グリーンに乗って、同伴者が来るまでグリーンでボールを出して練習したりしないようにしましょう。



posted by ゴルフ@ルール at 16:34| ゴルフルール (ペナルティー)